千葉にあるマンションの査定を依頼して売却を決断しました

離婚してマンションを売却することに

結婚と同時に千葉にある新築マンションを購入 | 離婚してマンションを売却することに | 買い手を見つけることもできました

そのため結婚してから1年は、何の不満もなく良好な関係を築くことができましたが、その後子どものことや仕事のことで価値観のズレが生じるようになりました。
最初は修復しようとそれぞれが努力をしましたが、根本的なところで折り合いがつかずに、途中で話し合いをすることをお互いが諦めてしまったようなところがありました。
このままの状態では夫婦関係を構築することができないので、何とかしなければならないと考えていたところ、妻から離婚をしようかと切り出されました。
その時に感じたのは、怒りや悲しみではなく、安堵した気持ちだったことに自分でも驚きました。
妻のことは嫌いでもありませんが、夫婦として一緒に生きていくことはできないと感じていたので、自分も離婚を同意することにしました。
ただ離婚をするとなると、ただ別れるだけでなく様々な手続きが必要になります。
共働きだったので、給料は自分で管理して、共同に管理する口座に生活費を振り込んで使用していました。
だから生活費専用の口座は折半すればいいだけですが、マンションは共同名義になっているので、どちらかが所有するとなると査定をしてもらい半分の額を支払う必要があります。
住み心地は良かったのですが、ファミリータイプだったので独りで暮らすには広過ぎます。
すぐに再婚する予定でもあればよいですが、当分は結婚はもういいという気持ちがあるので、妻に譲ろうかと考えました。
しかし妻も同じ考えのようで、独り暮らしの狭い物件に引っ越したいということだったので、思い切って売却することにしました。
売却をした金額で、残っている住宅ローンの支払いを済ませ、残れば公平に折半をしようということに話し合いで決めました。